欧グルマンのおすすめ

クロタン・ド・シャヴィニョル
Crottin de Chavignol Fermier A.O.P.

原産国 フランス タイプ シェーブル
原料乳 山羊乳 重 量 約60g
味の強さ ★★☆
多くの山羊乳チーズを生み出したロワール地方で、同地を代表する逸品と名高いクロタンは、粘土でできたクロ(crot)と呼ばれたランプに形が似ているところが名前の由来と言われています。一般的には「小さな糞」で通っていますが、これも荷姿から。伝統製法に則る「シャヴィニョル」の村名を冠したものは、フレッシュな状態では爽やかな優しい味わいですが、熟成が進むと山羊乳独特の香りと風味が強くなり、凝縮したミルクのコクとピリッとした刺激が加わります。熟成段階により異なる様々な表情が魅力です。
※2月上旬入荷予定

おすすめの食べ方:まずはそのまま。さっと焼いてサラダにのせて。産地が同じワインのサンセールと合わせてどうぞ。
_

バッファロー・ブルー
BAFFALO BLU

原産国 イタリア タイプ 青カビ
原料乳 牛乳 重 量 約3kg
味の強さ ★★☆
ゴルゴンゾーラチーズの故郷でもあり、古くからチーズ作りが盛んな北イタリア・ロンバルディア州のチーズメーカー「ディフェンディ社」が手掛ける水牛乳から造られる新機軸のブルーチーズ。伝統と最新の技術、哲学の融合により生まれた水牛乳の青かびチーズは、クリーミーで濃厚な味わい。クラシックなブルーの風味と刺激が絶妙にしあがっています。熟成期間3~5ヶ月。
※2月上旬入荷予定

おすすめの食べ方:濃厚さを重ね合わせるような、芳醇な赤ワインやデザートワイン、ドライフルーツやジャムと合わせて。
_

ペコリーノ・ブリッロ
PECORINO BRILLO

原産国 イタリア タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約180g
味の強さ ★☆☆
「ブリッロ」とは、トスカーナの方言で”ほろ酔い”や”陽気な事”を意味します。4ヶ月間熟成させたペコリーノ(羊のチーズ)を赤ワインの入ったテラコッタピッチャー(ワインとオイルの典型的なトスカーナの容器)に1ヶ月間漬け込んで、熟成させたチーズです。羊乳製特有の風味とワインの香りが、口の中でハーモニーとなって美しく演奏されるでしょう。
※2月上旬入荷

おすすめの食べ方:フルーティーな赤ワイン、熟成した赤ワイン。胡椒をかけてオードブルに。
_

ロックフォール A.O.P.“極上”
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Roquefort A.O.P.“Surchoix”

原産国 フランス タイプ 青カビ
原料乳 羊乳 重 量 約1.3kg
味の強さ ★★★
ロックフォール村の自然の洞窟の中のみで熟成させるという製法は、古代ローマ時代から変わらない、フランスでも最も歴史あるチーズです。口に入れると羊乳特有の濃厚で甘いミルクの風味がふわっと広がり、その後舌を刺すようなピリッとした刺激と旨みが絶妙なタイミングで追いかけてきます。ジャニエ氏が「スュ-ル・ショワ」(厳選された極上の意)とランク付けした、最上級のブルーチーズをご堪能ください。

おすすめの食べ方:まずはそのまま。レーズンやナッツの入ったパンに合わせて。蜂蜜との相性も抜群、ソーテルヌに合わせて。
_

コンテ・アルパージュ18ヶ月 A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏 熟成)
Comté Alpage 18mois

原産国 フランス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約30kg
味の強さ ★★☆
伝統と品質を重視した原産地呼称チーズでありながら、生産量・消費量ともにフランスで一番!同国を代表するチーズでもあり、国内外問わず多くの人からも愛されています。ジャニエ氏が手がけるのは、その中でも特別に優れた品で、夏季の期間、ジュラ山脈の中でも最も標高の高い地域で牛たちをストレスなく放牧して得られた、良質なミルクから作られます。氏の厳しい選別と熟成管理を経た極上コンテはナッツのような香ばしい香りと、蜜の様な甘美なコク後を引く余韻が高い次元で融合した別格の風味です。

おすすめの食べ方:ブリオッシュと。フォンデュやグラタンに。サラダにまぜたり、熟した桃や梨と一緒に。極上フォンデュに!
_

ブリヤ=サヴァラン
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Brillat-Savarin

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約500g
味の強さ ★☆☆
フランスの美食家で「美味礼賛」の著者・ブリヤ=サヴァランの名にちなんで命名された人気チーズです。ジャニエ氏のこだわる、無殺菌乳のチーズからはミルクの甘みとコクをしっかり感じることが出来ます。トリプルクリームのチーズですが、上品なほどよい酸味と、粉雪が口の中で踊るような軽い食感は、より繊細で洗練された印象。オードヴルからデザートまで、食のあらゆるシーンに華を添えてくれることでしょう。

おすすめの食べ方:フルーツやジャムをそえてデザートチーズとして。お酒はシャンパンやスパークリングワインとどうぞ。
_