欧グルマンのおすすめ

ル・トゥル・デュ・クリュ
Le Trou du Cru

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約60g
味の強さ ★★☆
ウォッシュチーズの代表格であるエポワスの小型版(プティ・エポワス)とも呼ばれるマフィンカップ程の愛らしい大きさで、丁度食べきりサイズ。「トゥル」とはフランス語で「穴」という意味。「クリュ」は特定のワインの産地を表すときに使われます。マール・ド・ブルゴーニュで3週間表面を洗いながら熟成させ、オレンジ色のねっとりとした表皮で中身はカスタードクリームのような色あいとテクスチャー。とろりとした食感、芳醇で濃厚な旨みとクリーミーな味わいをお楽しみ下さい。

おすすめの食べ方:しっかりとしたブルゴーニュ産の赤ワインとどうぞ。
_

ポートワイン・ダービー
Port Wine Derby 

原産国 イギリス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約2kg
味の強さ ★★☆
ポートワインを練り込んだチェダータイプのイギリスチーズ。チーズと自然に混ざり合う事で出来る、深いルビーレッドの大理石模様が特徴的。全体的にフルーティな香りで、 後味はやや甘めのベリー系です。華やかな色調を活かして盛り合わせに使ったり、ティータイムに紅茶と合わせてもGOOD!2019インターナショナル・チーズアワード金賞受賞。ボージョレーヌーボとのペアリングも楽しめそうです。

おすすめの食べ方:赤ワイン(ジンファンデル)、白ワイン(ソアヴェ)、ビール、リンゴ・ブドウ等と合わせてフルーツサラダに。
_

ペコリーノ・アル・タルトゥーフォ
Pecorino al Tartufo

原産国 イタリア タイプ ハード・セミハード
原料乳 羊乳 重 量 約5kg
味の強さ ★★☆
トリュフと言えば、世界三大珍味のひとつに数えられているきのこの一種です。黒いダイヤモンドともいわれ、高級食材としてもてはやされているトリュフを贅沢に使用した、イタリア産の羊乳製チーズ。官能的で香り高い品格は、味わいをも深めていき、好奇心も満たされるチーズです。オードブルの一品として、またチーズ&トリュフの組み合わせはリゾットにも最適。トリュフの香りは熟成した赤ワインとよく合い、赤ワイン全般を広く引き立ててくれます。

おすすめの食べ方:蜂蜜やコンフィチュールなどと一緒にデザート感覚で。好みによってシナモンなどのスパイスを添えると味わいのバリエーションが広がります。
_

アイリッシュ・ポーター
Irish Porter

原産国 アイルランド タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約2.5kg
味の強さ ★★☆
アイルランドで造られるセミハードタイプ。少し奇抜な大理石模様は、チェダーチーズにアイルランドの黒ビール“ポーター”を練り込んだもの。チェダータイプ特有のぽろぽろとした食感はなく、弾力感があります。風味は、黒ビールのほのかな苦みとローストしたような香ばしさが感じられます。お酒が苦手な方はコーヒーとの相性も良いので、是非お試し下さい。

おすすめの食べ方:黒ビール、フルボディの赤ワイン、ウイスキー、コーヒー等と。
_

スーマントラン
Soumaintrain

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約400g
味の強さ ★★☆
ブルゴーニュ地方の小村の名前が由来の、ウォッシュタイプにしてはやや大ぶりのチーズです。19世紀の美食家ブリヤ・サヴァランが《チーズの王》と賞賛したのは同郷の“エポワス”でしたが、そのサイズ違い!?と思われることもしばしば。風貌はよく似ていますが、塩水で表面を洗いながら熟成させるこのチーズは、やさしい風味と程よいウォッシュの力強さが絶妙に一体化して、貫禄ある見た目とはうらはらに、柔和で繊細な味わい。若いものからトロトロのものまで、好みの熟成段階でお楽しみ頂けます。

おすすめの食べ方:産地を合わせてブルゴーニュ地方の
コクのある赤ワインと。
_