欧グルマンのおすすめ

ラングル A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Langres A.O.P.

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約280g
味の強さ ★☆☆
シャンパーニュ地方のラングル高原から名前をつけたこのチーズ。特徴的なのが上面の中央にくぼみがあります。このくぼみをフォンテーヌ「泉」と呼ばれます。表皮を完全にとって、泉にブルゴーニュやシャンパーニュのマールを注ぐ食べ方が、ワイン産地の楽しい食べ方である。目の詰まった組織で、上質なミルクの旨味と甘みが感じられ、ねっとりとした感触と強い複雑な匂いを同時に楽しめるチーズ。

おすすめの食べ方:シャンパーニュ、 甘口ワイン、ウイスキー 、クルミ入りのパン
_

シャウルス A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Chaource A.O.P.

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約470g
味の強さ ★☆☆
美しい純白のカビをまとったフランス・シャンパーニュ地方を代表するチーズ。ジャニエ氏が扱うのは、通常のものと比べて約2倍の大きさがあります。きめ細やかで身の詰まった組織は、熟成すると外側より柔らかくなり、爽やかな味わいから濃厚な味わいへと変化。キノコや木の実を思わせる風味も特徴的です。よく冷やしたシャンパーニュと合わせて頂くのが最も粋で、美味しい組み合わせですが、もっとカジュアルなスパークリングワインや白ワインでも充分過ぎる相性の良さ。夏のパーティを優雅に盛り上げる、オススメのチーズです。

おすすめの食べ方:産地を合わせてシャンパーニュやキリッと冷えたシャブリと。
バゲットやイチジクなどのドライフルーツを添えて。
_

マンステール フェルミエA.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Munster Fermier  A.O.P.

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約500g
味の強さ ★★★
ドイツとの国境、アルザス地方生まれ。修道院という意味を持つ「モナステール」が語源と言われ、いにしえの修道士達によってその製法が守られてきた由緒正しいチーズです。塩水で何度も洗い、納豆菌に似た特殊な微生物を呼ぶことで、表皮はオレンジ色になり粘りを持ちます。香りはやや強めですが、中の生地には穏やかなミルクの甘みが詰まっています。茹でたジャガイモに絡める食べ方が地元では定番ですが、冷えたビールや白ワインとの相性の良さから、夏場にもぜひ試して頂きたいチーズです。

おすすめの食べ方:コクのある赤ワインも合いますが、暑い時期には同郷の辛口白ワインをキリッと冷やして。
_

シェブリーヌ・フェルミエ(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Chevrine  Fermier

原産国 フランス タイプ シェーヴル
原料乳 山羊乳 重 量 約250g
味の強さ ★★☆
シェヴリーヌ(小さい、かわいいシェーヴル)という名前からつけられています。元々は、シャロレと名のられていましたが、2010年に「シャロレ」がA.O.C.→A.O.Pを.取得。このチーズの造り手は大変こだわりがあり、AOPは欧州規格になり画一性が重要視されるために、個々の生産者の違いを強調できない、大メーカーのような生産者のために作られた規格だ、それらと同じように見られるのはイヤだと反対しています。名前は変わっても、生産者の熱意と独自の裁量で自由に生産、出荷ができる「シェブリーヌ」はコクがあり酸味は少なく、ほのかな甘みとほどよい塩味のバランスが抜群です。この複雑な味わいと香りの絶妙なハーモニー、食べ終えた後も長く残る心地よい余韻は、良質のミルクから作られた良質なチーズの醍醐味だと言えるでしょう。伝統製法をしっかりと受け継ぐA.O.P.チーズは、確かに素晴らしい食の遺産ですが、作り手の個性や思いを出しやすいのはむしろこうした手作りの無名チーズなのかもしれません。
※6/13(水)入荷予定

おすすめの食べ方:赤・白のワイン(特にブルゴーニュ)、日本酒を含めたお酒全般と好相性です。
_

クロタン・ド・シャヴィニョル・フェルミエ A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Crottin de Chavignol Fermier A.O.P.

原産国 フランス タイプ シェーヴル
原料乳 山羊乳 重 量 約60g
味の強さ ★★☆
多くの山羊乳チーズを生み出したロワール地方で、同地を代表する逸品と名高いクロタンは、粘土でできたクロ(crot)と呼ばれたランプに形が似ているところが名前の由来と言われています。伝統製法に則る「シャヴィニョル」の村名を冠したものは、フレッシュな状態では爽やかな優しい味わいですが、熟成が進むと山羊乳独特の香りと風味が強くなり、凝縮したミルクのコクとピリッとした刺激が加わります。熟成段階により異なる様々な表情が魅力です。
※6/13(水)入荷予定

おすすめの食べ方:まずはそのまま。さっと焼いてサラダにのせて。産地が同じワインのサンセールと合わせてどうぞ。
_

ロカマドゥール A.O.P.
クリスティアン・ジャニエ氏熟成
Rocamadour  (A.O.P.)

原産国 フランス タイプ シェーブル
原料乳 山羊乳 重 量 約30g
味の強さ ★★☆
メダル型のミルキーな味わいの小型の山羊乳チーズ。巡礼地で名高いロカマドゥール産。無殺菌乳のコクが凝縮され、熟成するとピリッとした辛口に。かつては、カベクー・ド・ロカマドゥールと呼ばれていたました。カベクーと称するチーズは他にも多く存在する事から「ロカマドゥール」と呼ばれるようになりました。
※6/13(水)入荷予定

おすすめの食べ方:トーストにのせて焼いたり、サラダに入れたり、洋ナシと合わせて。ワインは、南西部産のカオールとロゼかおすすめです。
_