欧グルマンのおすすめ

ブリー・ダフィノア・オ・トリュフ
Fromage d'Affinois aux Truffes

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約2kg
味の強さ ★☆☆
冬の間とイースター時期の3月1日~4月20日まで限定生産されるこだわりの「トリュフ入りチーズ」が再入荷して参ります。世界3大珍味の一つでもある高価なトリュフを贅沢に使用しただけでも驚きですが、世界有数の高品質トリュフの産地とも評される、フランスのペリゴール産の黒トリュフから、特に香りの強い(そして高価な)冬トリュフだけを厳選して使用するため、一年を通して僅かな期間しか作られない、とんでもないこだわりが生んだチーズなのです。その味わいはもちろん、豪奢の一言!濃密なミルクの粒子を感じるビロードような口どけと、リッチなクリームの余韻。官能的なトリュフの芳香との競演を、心ゆくまでお楽しみください。

おすすめの食べ方:オードブルの一品として。チーズのミルキーさがフルーティーな赤ワインに、トリュフの香りは熟成した最高の赤ワインによく合い、赤ワイン全般を広く引き立ててくれます。温めた生クリームで溶いて、チキンやポークのソースにも!
_

シェブリーヌ・フェルミエ
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)

原産国 フランス タイプ シェーブル
原料乳 山羊乳 重 量 約250g
味の強さ ★★☆
シェヴリーヌ(小さい、かわいいシェーヴル)という名前からつけられています。元々はシャロレと名のられていましたが、2010年に「シャロレ」がA.O.C.→A.O.Pを.取得。このチーズの造り手は大変なこだわりがあり、A.O.P.は欧州規格になり画一性が重要視されるために、個々の生産者の違いを強調できない、大メーカーのような生産者のために作られた規格だと、それらと同じに見られるのはイヤだと反対しています。名前は変わっても、生産者の熱意と独自の裁量で自由に生産、出荷ができる「シェブリーヌ」。コクがあり酸味は少なく、ほのかな甘みとほどよい塩味のバランスが抜群です。この複雑な味わいと香りの絶妙なハーモニー、食べ終えた後も長く残る心地よい余韻は、良質のミルクから作られた良質なチーズの醍醐味だと言えるでしょう。。伝統製法をしっかりと受け継ぐA.O.P.チーズは、確かに素晴らしい食の遺産ですが、作り手の個性や想いを出しやすいのは、むしろこうした手作りの無名チーズなのかもしれません。

おすすめの食べ方:赤・白のワイン(特にブルゴーニュ)、日本酒を含めたお酒全般と好相性です。
_

フルムダンベール・フェルミエA.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)

原産国 フランス タイプ 青カビ
原料乳 牛乳 重 量 約2kg
味の強さ ★☆☆
クリーム色のきめ細かい生地に、美しいパセリ状の青カビが広がる、通称「高貴なブルー」。マイルドで食べやすく、ロックフォールと並んで高い人気を誇ります。そのため日本でも比較的お目にかかる機会の多いチーズですが、ジャニエ氏熟成のそれは、数多ある同銘柄を圧倒する独自の個性際立った味わい!ややもすると、特徴である素朴さが過ぎて「野暮ったい」としか表現しようのない味わいの物も散見されるなか、あくまでも端正で、気品のある優しい甘み、香り…。それでいて、芯にはピンと張り詰めた青カビ特有の刺激を感じることができます。色々な要素を華々しく兼ね備えたゴージャスさではなく、余計な物を削ぎ落とすことで素材の味わいを強調したかのような「味わいの透明感」に優れたチーズです。通好みの燻し銀の魅力をご堪能ください。

おすすめの食べ方:パン・ド・カンパーニュやくるみパンと合わせて、ミディアム~フルの赤ワインに良く合います。日本酒とも。
_

ベームスター・プレミアム・ゴート
Beemster Premium Goat

原産国 オランダ タイプ ハード・セミハード(シェーヴル)
原料乳 山羊乳 重 量 約10kg
味の強さ ★☆☆
オランダ王室御用達チーズとして親しまれている「ベームスター・ブランド」。ベームスター干拓地で、牛と同じ運河沿いの牧草地で一部の農家は山羊も飼っています。この地で放牧した山羊も牛と同様に、豊かでコクのあるミルクを生産します。このミルクから造られるゴートは、山羊乳製のチーズが苦手と 思っている人にもクセが少なく、マイルドで親しみやすい味わい。ビギナーに知っておいてほしい必見チーズです! 淡いアイボリー色と滑らかで柔らかい質感。爽やかでかすかな甘さも感じられます。

おすすめの食べ方:白ワイン、ラガービール。おつまみやサラダのトッピングとして。
_

ピエール・ロベール
Pierre Robert

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約100g
味の強さ ★★☆
ブリー・ド・モー、ブリー・ド・ムラン等、クオリティの高い白カビチーズを数多く生産する「ルゼール社」が手掛ける「ピエール・ロベール」。無殺菌乳にクリームを添加して造られるトリプルクリームの白カビチーズです。ふわふわとした白カビに覆われ、口に含むと軽い食感でバターのように溶けていき、上品な程よい酸味にミルクの甘みとコクをしっかり感じることが出来ます。ついつい食べ過ぎてしまいそうなクセになるチーズです。

おすすめの食べ方:シャンパーニュやスパークリングワイン、フルーツと合わせて。
_