欧グルマンのおすすめ

フルム・オ・カシス
Fourme au Cassis

原産国 フランス タイプ ブルー
原料乳 牛乳 重 量 約1.5kg
味の強さ ★★☆
2007年にMOF 国家最優秀職人賞チーズ部門を受賞したシリル・ロホ氏とその妻が情熱をもって手掛ける傑作チーズ。フルムダンベールにスパイクで穴をあけ、そこにカシスのリキュールを浸してチーズの中心まで浸透させます。その後じっくりと長期間の熟成を経て、風味と芳香をいきわたらせます。
ほんのりとした甘さと、とろけるようなクリーミーな味わいは、とりこになりそうな大人のデザートチーズ。

おすすめの食べ方:カシスリキュール、甘口の白ワイン、 、フルーティーな赤ワイン、ベリー系のドライフルーツと。
_

ジョーネット・デ・クレミエ
Jaunette des Cremiers

原産国 フランス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約1.5kg
味の強さ ★★☆
熟練したチーズ職人の手により作られるセミハードタイプ。ジュラ地方の名高い、「黄色いワイン」と呼ばれる「ヴァン・ジョーヌ」で外皮を洗い、2ヶ月以上熟成させた妙品。マイルドでナッツを思わせる味わいで、そのまま食べても素朴な美味しさが楽しめますが、ラクレットのように溶かして食べると、香りがよりいっそう引き立ち、チーズ好きにはたまらないはずです。

おすすめの食べ方:ヴァンジョーヌ、 白ワイン、 フルーティーな赤ワイン 。溶かしてジャガイモにのせて、ラクレット料理に。
_

ベームスター・スプリング
Beemster Spring

原産国 オランダ タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約12kg
味の強さ ★☆☆
季節による餌の質の違いが明確に現れる、春限定生産のベームスター。春先に芽吹いたばかりの新芽を食べて育った牛の、爽やかな味わいのミルクを使用して作られた物は地元でも珍重されている一品。初夏から夏の時期にだけ市場に現れるや、どこまでも優しい味わいに魅了された通人たちにさらわれ、瞬く間に姿を消してしまうのだとか。『旬』という感覚を殊の外大事にする私たち日本人にとっても、「この時期だけ」という特別な高揚感は、共感できる感覚であるような気がします。勿論、味わいもはっきりと季節の特徴を刻み込んだ「特別」な美味に違いありません。さあ、今年もベームスターの旬が到来です!

おすすめの食べ方:冷たく冷やしたビールのお供に。スライスしてパンにのせて焼くことで更にチーズの味わいが広がります。
_

テストゥーン・アル・バローロ
Testun Al Barolo

原産国 イタリア タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約1kg
味の強さ ★★☆
ベッピーノ・オッチェッリ氏が手掛けるこだわのチーズ。テストゥーンとは「石頭」という意味のハードタイプのチーズ名。イタリアを代表する高級ワインのバローロとその搾り粕に漬け込んで半年以上熟成させたチーズ。香り高きワインが染み込んだしっとりとした生地と、熟成による旨味とコクを持ち合わせた、まさに高貴な逸品です。チーズ好き、ワイン好きにはマストアイテムです!!

おすすめの食べ方:バローロと、イタリア・ピエモンテの上質な赤ワインと
_