欧グルマンのおすすめ

モンドール(A.O.P.)
MONT D'OR A.O.P.

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約400g
味の強さ ★★☆
モン・ドール(黄金の山)はフランスとスイスの国境近くのジュラ山脈にあります。その名前を冠したチーズ「モン・ドール」は、モミの木の一種であるエピセアの樹皮を巻き、エピセアの棚の上で熟成されます。木箱の中のチーズは、まるでチーズフォンデュの様にトロトロで、スプーンですくわないと食べられないほどクリーミー。柔らかい口当りでミルクの甘みとコクの中に深い余韻も感じられる、そんな感動体験が楽しめる期間限定生産のチーズです
※9月下旬入荷予定

おすすめの食べ方:まずはそのままで。2度目は、刻んだにんにくと白ワインを入れ、パン粉をかけてオーブンでこんがりと焼いてどうぞ。
_

アルディ・ガスナ
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Ardi Gasna

原産国 フランス タイプ ハード・セミハード
原料乳 羊乳 重 量 約4.5㎏
味の強さ ★★☆
フランス西南部に位置し、独自の言語と文化を守り抜く、バスク地方の農家製の羊乳チーズ。その名前は地元の言葉で“羊のチーズ”を意味します。修道僧によって製法が伝わり、17世紀頃にはこの地で作られていたと言われています。同じタイプのベツマルと産地の近いチーズですが、羊乳特有のしなやかさと甘みがあり、ナッツのような甘く香ばしい香りに、また異なる個性を感じます。「羊のチーズはクセがありそうで…」という方にこそ召し上がって頂きたい、芯は強くともたおやかで品のある味わい欧グルマンいちおしのチーズです。

おすすめの食べ方:ブラックベリーやカシスなどベリー系のジャムを添えて。
土の風味のする野趣溢れるワインやシェリー酒とも好相性。
_

ミモレット・エクストラ・ヴィエイユ
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Mimolette Extra Vieille

原産国 フランス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約3㎏
味の強さ ★★★
ベニノキの種子から採れる色素で染められたミモレット特有の色合いは、20ヶ月の長期熟成を経て、心を奪われるような美しい朱色に変化していきます。ジャニエ氏の熟成により、外皮は固く、ごつごつとしていますが、中身はしっとりとしていて、芳しい香りとウニやカラスミのような風味がしっかりと凝縮しており、かみ締める度に不思議な高揚感を感じられる特製ミモレットです。わが国が誇るお酒、日本酒や焼酎と合わせて、和洋の食文化の見事な融合をお楽しみ下さい。

おすすめの食べ方:小さくカットして日本酒・焼酎のおつまみに。
_

ブルー・ド・シェーヴル
Bleu de Chèvre

原産国 フランス タイプ 青カビ(シェーヴル)
原料乳 山羊乳 重 量 約800g
味の強さ ★★★
山羊乳から作られたフランス、ピレネー産のブルーチーズ。羊乳で作られるブルーチーズの代表であるロックフォールのように組織がもろく、柔らかいので青カビが美しく全体に広がっています。山羊乳の甘い香りと濃厚なコクや旨味に加え、ピリッとしたシャープな青カビの刺激が、ブルーチーズ好きにはたまりません。まさに、ブルーチーズとシェーヴルチーズのいいとこどりのチーズなのです。シェーヴルだけど赤ワインと一緒にじっくりと楽しみたいチーズです。

おすすめの食べ方:赤ワイン、極甘口の白ワインや蜂蜜と合わせて。レーズン入りパンとも好相性。
_

シャウルス A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Chaource A.O.P.

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約470g
味の強さ ★★☆
美しい純白のカビをまとったフランス・シャンパーニュ地方を代表するチーズ。ジャニエ氏が扱うのは、通常のものと比べて約2倍の大きさがあります。きめ細やかで身の詰まった組織は熟成すると外側より柔らかくなり、爽やかな味わいから濃厚な味わいへと変化。キノコや木の実を思わせる風味も特徴的です。よく冷やしたシャンパーニュと合わせて頂くのが最も粋で、美味しい組み合わせですが、もっとカジュアルなスパークリングワインや白ワインでも充分過ぎる相性の良さ。夏から秋にかけてが”旬”オススメのチーズです。

おすすめの食べ方:産地を合わせてシャンパーニュやキリッと冷えたシャブリと。バゲットやイチジクなどのドライフルーツを添えて。
_