欧グルマンのおすすめ

ブリー・ダフィノア・オ・トリュフ
Fromage d'Affinois aux Truffes

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約2㎏
味の強さ ★☆☆
世界3大珍味の一つでもある高価なトリュフを贅沢に使用しただけでも驚きですが、世界有数の高品質トリュフの産地とも評される、フランスのペリゴール産の黒トリュフから、さらに特に香りの強い(そして高価な!)冬トリュフだけを厳選して使用。その味わいはもちろん、豪奢の一言!濃密なミルクの粒子を感じるビロードような口どけと、リッチなクリームの余韻。官能的なトリュフの芳香との競演を、心ゆくまでお楽しみください。

おすすめの食べ方:オードブルの一品として。チーズのミルキーさがフルーティーな赤ワインにピッタリ。トリュフの香りは熟成した上質の赤ワインにもよく合います。生クリームで溶いて、チキンやポークのソースにも!
_

ラングル A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Langres A.O.P.

原産国 フランス タイプ ウォッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約280g
味の強さ ★☆☆
シャンパーニュ地方のラングル高原から名前をつけたこのチーズ。特徴的なのが上面の中央にくぼみがあること。このくぼみはフォンテーヌ「泉」と呼ばれ、表皮を完全にとって、その泉にブルゴーニュやシャンパーニュのマールを注ぐ食べ方が、ワイン産地の楽しい食べ方だとか。目の詰まった組織で、上質なミルクの旨味と甘みが感じられ、ねっとりとした食感と複雑な匂いを同時に楽しめるチーズです。

おすすめの食べ方:シャンパーニュ、 甘口ワイン、ウイスキー 、クルミ入りのパンと一緒に。
_

テット・ド・モアンヌ
Tête de Moine

原産国 スイス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約800g
味の強さ ★★☆
スイス建国前の12世紀には、ベルレイ修道院でチーズ造りが記録されている歴史の長いチーズです。フランス革命後、かつての修道院周辺で農民が作り初め「修道士の頭」(Tête de Moineの意味)と呼ばれ始めたと伝えられています。食べ方に特徴があり、ジロールと言われる専用の削り器で、繊細なチーズの花びら状にして食べられます。香りは強めですが、ミルクのコクと甘みが感じられます。

おすすめの食べ方:フルーティーな赤・白ワインと一緒に。ジロールで削って、ブラックペッパーやクミンパウダーなどのスパイスと合わせて。
_

ブルー・ドーヴェルニュ A.O.P.  
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Bleu d'Auvergne

原産国 フランス タイプ 青かび
原料乳 牛乳 重 量 約2.5㎏
味の強さ ★★☆
個性的なチーズを数多く抱えるオーヴェルニュ地方にあって、同地を代表するほどの品格と知名度を誇る人気のブルー。ジャニエ氏はこのチーズの全生産量の中でも1.5%足らずの「無殺菌乳製」を厳選し、ミルク本来の味わいと土地の個性が最大限活かされるよう熟成を行います。ねっとりクリーミーな食感ながら、ピリッとした刺激的な辛味とのバランスが良く、毎日食べても飽きのこない味わいが、皆様の日々の食卓を美味しく彩ってくれることでしょう。

おすすめの食べ方:ワインのおつまみに。パスタソースやディップにもおすすめ。
_

アボンダンス・フェルミエ A.O.P.
(クリスティアン・ジャニエ氏熟成)
Abondance Alpage Férmier A.O.P.

原産国 フランス タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 約7㎏
味の強さ ★★☆
今年3月のおすすめにご紹介しましたアボンダンス・フェルミエA.O.P.。今シーズン初入荷となりました。オート・サヴォワ地方でアボンダンス種の牛のミルクを使い、14世紀からアボンダンス修道院で作られていた山のチーズ。側面が車輪状に反っているのが特徴で、このくぼみに縄をかけて、運びやすくしたそうです。同郷のボーフォールより一回り小さいサイズですが、どちらも側面のくぼみがトレードマークになっています。ミルクの甘みとウォッシュの様な香りが特徴です。
※11/18入荷予定

おすすめの食べ方:辛口の白ワインや赤ワインと合わせ。フォンデュやグラタンに。
_