欧グルマンのおすすめ

クロタン・フォイユ
CROTTIN FEUILLE JACQUIN

原産国 フランス タイプ シェーヴル
原料乳 山羊乳 重 量 約60g
味の強さ ★★☆
フォイユとは、フランス語で”葉っぱ”という意味で、クロタン・フォイユのエチケットラベルも葉っぱ型。チーズの形状は、A.O.P.チーズのクロタン・ド・シャビニョルと同じで、手のひらサイズの可愛いシェーブル。若い熟成のものは、しっとりして爽やかな酸味があります。甘酸っぱいクランベリーと合わせて。クランベリーの赤でチーズの白さが引き立ちます。少しづつ乾燥して締まらせていくとドゥミセック~セックと熟成段階でも楽しめます。限定入荷品をお見逃しなく!

おすすめの食べ方:まずはそのまま。さっと焼いてサラダにのせて。香辛料入りのオリーブオイルかけてそのまま食べても夏にはよく合います。産地が同じワインのサンセールと合わせてどうぞ。
_

ピエール・ロベール
Pierre Robert

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約100g
味の強さ ★☆☆
ブリー・ド・モー、ブリードムラン等、クオリティの高い白カビチーズを数多く生産する「ルゼール社」が手掛ける「ピエール・ロベール」。無殺菌乳にクリームを添加して造られるトリプルクリームの白カビチーズです。ふわふわとした白カビに覆われ、口に含むと軽い食感でバターのように溶けていき、上品な程よい酸味にミルクの甘みとコクをしっかり感じることが出来ます。ついつい食べ過ぎてしまいそうなクセになるチーズです。

おすすめの食べ方:シャンパーニュやスパークリングワイン、フルーツ等と合わせて。
_

オリヴェ・サンドレ
OLIVET CENDRÉ

原産国 フランス タイプ 白カビ
原料乳 牛乳 重 量 約250g
味の強さ ★☆☆
葡萄の木を燃やして作られる食用炭末をチーズの表面にまぶして熟成させるので、見た目はインパクトのあるアッシュグレー色。この製法は、余分な水分を吸収する事で保存性を高めることができます。外皮に色と違って生地は白っぽく、素朴な香りと繊細で穏やかな味わいが特徴です。フランスの小さな村、オリヴェットで、特に濃厚でおいしい原乳がある5月か~6月にかけて作られています。熟成が進むとスパイシーな香りが楽しめるチーズです。

おすすめの食べ方:サクサクのバゲットや野菜と一緒に。
_

プリマドンナ
Prima Donna

原産国 オランダ タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 12㎏
味の強さ ★☆☆
良質なオランダチーズを世界のテーブルに届けるためにつくられたPrima Donna「プリマドンナ」。オランダ伝統のゴーダとイタリアの歴史あるパルミジャーノの特徴を融合させて生まれたスペシャリティ。熟成士がベストと判断するフレーバーになるまで、ゆっくりと木の棚の上で熟成されます。アミノ酸の深い味わい、溶けやすく料理にも使える汎用性の高いチーズです。

おすすめの食べ方:ビールのお供として。パンと合わせて、冷たくても、加熱しても良く合います。
カレーの隠し味にもおすすめ!
_

ハバネロジャック
Habanero Jack

原産国 アメリカ タイプ ハード・セミハード
原料乳 牛乳 重 量 40㎏
味の強さ ★★★
ラズ★ダズブランドのカリフォルニア産チーズ。(RAZZLE DAZZLE)とは英語で“バカ騒ぎ”を意味する略語です。ピリッと辛い、ハバネロペッパー、 ハラペーニョペッパー入りのセミハードチーズ。クリーミーなチーズの中に入ったハバネロが味のアクントになっています。食べるだけでテンションが上がるパーティーチーズの決定版です。

おすすめの食べ方:そのままカットしてビールと一緒に。
ピザなどに溶かしても美味しく召し上がれます。
_

ブリヤ・サヴァラン・フレ
Brillat Savarin

原産国 フランス タイプ フレッシュ
原料乳 牛乳 重 量 約500g
味の強さ ★☆☆
フランスの美食家で「美味礼賛」の著者ブリヤ・サヴァランの名を冠しグルメに認められたチーズ。上品な酸味とミルクの甘みがふわっと口の中で溶けてゆく感じは、他のクリームチーズでは味わえません。食材とも合わせやすく、オードブル、デザートチーズとして大活躍です。

おすすめの食べ方:生ハムやレーズン、フレッシュな果物と合わせて。スパーリングや白ワインのお供に。
_