<営業時間のご案内>
9月20日(月・祝)は連休最終日につき、薬院店の閉店時間を19時とさせていただきます。
予めご了承のほどお願い申し上げます。
<今月のPICK UP グルメ食材>
今月のPICK UP グルメ食材

●アリッサ(チリペースト)Harissa

クスクスやタジン料理、ケバブやモロッコ料理には欠かせない、唐辛子を主原料としたニンニクペースト入りの調味料。辛いだけではなく、深みのあるピリ辛味が料理の味わいを深めます。モロッコ料理でなくとも、餃子のたれに混ぜたり、チャーハンの味付け、カレーやラーメンの隠し味にしたり(←コレおすすめです!)と、意外と日常の料理にも活躍してくれます♪お子様がいるご家庭だと、なかなか辛い料理は作れませんが、自分の分だけアリッサを混ぜ込めば、スパイシー料理も思う存分楽しめます。他社製品に比べると味がよいと評判のBARNIERブランド。ぜひこの機会にお試しください。
<満を持して再入荷!ジャニエ氏セレクト・水牛乳製モッツァレラ>
満を持して再入荷!ジャニエ氏セレクト・水牛乳製モッツァレラ

満を持して再入荷!ジャニエ氏セレクト・水牛乳製モッツァレラ

●モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナD.O.P.
 (クリスティアン・ジャニエ氏セレクト)


一度食べると忘れられないモッツァレラ。その証拠に「あのモッツァレラはいつ入荷するの?」とのお問い合わせが絶えない商品です。ミルクの質に徹底的にこだわるジャニエ氏が選んだモッツァレラは、まさにモッツァレラの概念を覆す味わい!通常のモッツァレラより二回り大きなサイズで、どっしりとした重量感、カットすると断面からじゅわ~とミルクが染み出ます。口に含むと、雑味のないクリアでミルキーな味わい。心地の良いミルクの旨味が余韻として長く続きます。まずはシンプルにオリーブオイルと良質な塩だけで召し上がっていただきたい!合わせる具材は、完熟のトマトや桃、マンゴーなどのフルーツがオススメです。次回の入荷は未定ですので、ジャニエ・モッツァレラファンの皆様は、この機会をお見逃しのないように!

※9/30入荷予定。ご予約承ります。
<初心者にオススメチーズ③>
初心者にオススメチーズ③

初心者にオススメチーズ③

スーパーに売ってるチーズじゃちょっと物足りない。だけと専門店にはたくさんの種類がありすぎて、どれから食べればいいかわからない(>_<)という方のために、まずはこれから食べてみて!というチーズのご紹介です。順番に食べていけば、気づけばチーズツウになってるかも!?


●コンテ6か月熟成 Comté 6Mois

”フランスで最も愛されるチーズ”と言っても過言ではない、ハードタイプチーズ。ハードタイプと言っても、6か月熟成のコンテはしっとりした食感で、塩味も強くないのでそのままパクパクと食べ続けることができます。コンテの魅力は何といっても、ほっくりとした栗のような甘み。ヘーゼルナッツやくるみのニュアンスもあるので、ナッツ類との相性も抜群です。また、加熱して溶かすと風味が増すので、キッシュやチーズトーストにもオススメ♪一般的なとろけるチーズとは全く違った美味しさが堪能できます。スライスしてサラダに入れたり、加熱して料理に使ったり、ワインのおつまみにと、汎用性が高いので常備しておくと便利なチーズです。
<モストコット Mostocotto>
モストコット Mostocotto

バルサミコになる前のぶどう果汁を煮詰めたイタリアの甘味料。樹齢60年以上のぶどうを圧搾し、果汁を8時間かけて銅鍋で煮詰めます。濃縮された果汁は、砂糖やアルコール、酸などの添加物は一切加えない自然食品。濃縮されているだけあって、ポリフェノールも赤ワインの数倍あり、健康食品としても良質です。甘みはしっかりあるけれど、体にスッと入ってくるような自然の甘さ。シンプルにバニラアイスクリームやヨーグルト、リコッタチーズやモッツァレラ、今はやりのブッラータなどにかけると美味しさがより引き立ちます。他には、肉料理のソースにしたり、お醤油とあわせて煮詰めて隠し味にしても。現地では、ぶどうの収穫時期になると、家族総出でモストコット作りをするのだとか。各家庭でぶどうの圧搾具合や煮詰め時間が違うので、それぞれ味に違いが出てオリジナルのモストコットになるそうです。
(1本250ml)
<チーズ初心者にオススメ②>
チーズ初心者にオススメ②

スーパーに売ってるチーズじゃちょっと物足りない。だけど専門店にはたくさん種類があり過ぎて、どれから食べればいいかわからない(>_<)という方のために、まずはこれから食べてみて!というチーズのご紹介です。毎月順番に食べていけば、気付けばチーズつうになってるかも!?

●ボーダーゾーラ

~ブルーチーズとは思えないマイルドな味わい♪~

ブルーチーズと聞くと、塩気が強く、少しずつおつまみのように食べるものと思いがちですが、こちらは良い意味でブルーチーズらしくない味わいのチーズです。単体でもマイルドなゴルゴンゾーラ・ドルチェの間に、クリームのようなマスカルポーネを挟むことで、より食べやすいクリーミーな味わいになっています。どちらもはちみつと相性がいいので、直接はちみつをかけてデザートのようにして食べるのもGood!はちみつをたっぷり使ったパンデピスに挟むと、立派なスイーツの出来あがりです(^_^)


原産国:日本
原材料:牛乳
タイプ:青カビ
重量:約1kg
<薬院店ご来店のお客様へのお願い>
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
入店の際は、マスクのご着用、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたします。
また、出入り口に消毒用アルコールを設置しておりますので
入店の際にご利用いただきますようお願いいたします。

ご不便をおかけいたしますが、予めご了承の程お願い申し上げます。
<おまとめ購入割引サービス終了のお知らせ>
平素はフロマジュリー欧グルマン薬院店をご利用頂きありがとうございます。
これまで、一回のお買い物で定価商品を10,800円以上お買い上げのお客様へ
10%OFFさせていただくサービスを実施しておりましたが、
誠に勝手ながらこちらのサービスを2020年10月末で終了とさせて頂きます。
予めご了承のほどお願い申し上げます。
<フランス研修レポート⑦>
フランス研修レポート⑦

フランス研修レポート⑦

フランス研修レポート⑦
フランスチーズ研修、最後に向かったのは、Les Caves d’Affinage de Savoie レ・カーヴ・ダフィナージュ・ド・サヴォワ。

取り扱うチーズの98%が無殺菌乳製というこだわりをもった熟成業者です。1950年ころに作られたトンネルを2014年より熟成庫として使用しており、湿度、温度とも機械に頼らずに、そのままの状態で使っているとのこと。文字通りの自然の熟成庫!壁面伝いに棚が設置されており、トンネルを見学しているのか熟成庫を見学しているのかわからなくなるくらい自然の状態でした。

取り扱っているチーズのほとんどがスーパーなどには並ばない本格的なもの。近年、フランスでは殺菌乳製と無殺菌乳製は市場が分かれており、無殺菌乳製を取り扱うチーズ専門店が増えているとのこと。話しを聞けば聞くほど、サヴォアに誇りを持って、自分たちの土地のチーズを心を込めて扱っているのだなという情熱が伝わってきました。

トンネル熟成庫から出ると、目の前はサヴォアの雄大な山々。
伝統的なチーズは自然が似合うなぁと実感した研修地でした。
<フランス研修レポート⑥>
フランス研修レポート⑥

フランス研修レポート⑥

フランス研修レポート⑥
ボーフォール協同組合の後に向かったのは、アットホームで小規模な農家製山羊乳チーズの工房。

100頭の山羊(サーネン種、アルピンヌ種、シモワゼ種、その他ミックス)を飼育しており、10月~5月は小屋内で、それ以外は屋外に出して飼育しているとのこと。私たちが訪れた時にちょうど山羊たちの移動があり(自主移動?)、積極的なコたちは餌をもらおうと、柵越しにぐいぐいとアピール。柵を壊しそうな勢いでちょっと怖かったです。 
朝、晩の搾乳で一頭につき約3Lを搾り、様々な形の山羊乳チーズが作られる他、山羊乳のヨーグルトも製造されていました。
シャビシュー・デュ・ポワトーは三段階の熟成違いで出荷しており、真ん中の熟成がよく売れるとのこと。それぞれの熟成をその場で試食。好みは分かれましたが、やはり真ん中の熟成が一番人気でした。

また、ホエーの再利用のために豚も飼っており、その豚から作られるチョリソーがこれまた絶品でした。ついさっき見た豚さんたちも、いずれはこのような姿に..なるのかと考えると複雑な心境になりましたが...。



こちらを後に向かったのは、最後の見学地、サヴォアの無殺菌乳製チーズをを中心に熟成を行うカーヴ。フランス研修レポート⑦に続く...。