<平成から令和へ!記念SALE 4/27~5/6>
平成から令和へ!記念SALE 4/27~5/6

平成から令和へ!記念SALE 4/27~5/6

美食とワインの町、ボルドーが位置するアキテーヌ地方に拠点を置く、フランス産キャビアのトップブランド「キャビア・ド・ヌーヴィック」。創設者のローラン・ドゥヴェルランジュ氏は、自然とチョウザメに敬意を払い“極上のキャビアは貴重な自然環境を守ることにより生まれる"という明確な哲学の元、養殖場周辺の厳格な環境・水域環境保全に力を入れています。すべてのチョウザメは徹底したトレーサビリティにより孵化した日から徹底管理され、オーガニック飼料のみで育てる事で、キャビアの魅力を最大限に引き出しています。また、塩分濃度を3%以下に抑えることにより、キャビア本来の味わいをより一層引き立たせることに成功しています。”キング・オブ・キャビア”と呼ばれるベルーガはスムースなテクスチャーとかすかなミネラル感を残す別格中の別格。最高級のキャビアで新元号をお祝いしませんか!

SALE期間中、通常価格より1万円引き!
限定5個の早い者勝ちです。

とろ~りクリームが出てくるモッツァレラ”ブッラータ”にのせてシャンパーニュと合わせるのもGOOD!


キャビア・オン・ザ・ロック専用のモールドで最高級キャビアをすてきに演出できます♪
※アイスキューブの形をよりきれいに仕上げるために、専用のプラスチック製スリーブを用意しました。
 モールドと一緒にご使用ください。
<薬院店営業時間変更のお知らせ>
※2019年4月1日より、薬院店の営業時間を下記の通り変更させていただきます。

<変更前>
                       
平日11:00~20:00               
土曜日10:30~20:30  
日祝日10:30~20:00

     ⇓

  <変更後>

全日 11:00~20:00
<ノワール・ド・ビゴール パンチェッタ Noir de Bigorre Pancetta>
ノワール・ド・ビゴール パンチェッタ Noir de Bigorre Pancetta

イベリコ豚と起源を同じくする漆黒の豚。ローマ時代から存在する純血の黒毛種で、一時は絶滅の危機に瀕しました。
フランスの緑豊かな牧草地で伸び伸びと飼育され、ストレスフリーで育ったノワール・ド・ビゴールの特徴は、脂肪の割合が多く、脂身に旨みが凝縮されているのが特徴です。この貴重な豚のバラ肉に塩と胡椒をすり込んで熟成されたパンチェッタは香り高く、様々な料理にお使い頂けます。 
<テッレ・ボルマーネ・チェリーブロッサム・ビネガー入荷!>
テッレ・ボルマーネ・チェリーブロッサム・ビネガー入荷!

イタリア・ リグーリア州特産品の、本当の価値と古い伝統を再認識するというコンセプトのもとで作られる、テッレ・ボルマーネのこだわりのビネガー。桜の木の樽で3年熟成された、フルーティーさと深い味わいを兼ね備えた逸品。バルサミコの製法と異なるため、商品名は「チェリーブロッサム」ですが、味はバランスのとれた極上のバルサミコそのもの。「さすがアラン・デュカスプロデュース!」と唸る味わいです。星付きレストランのシェフに愛され、世界の一流のショップで販売されているテッレ・ボルマーネの商品は、日本でも知る人ぞ知るブランド。穏やかな酸味と程よい芳醇さは、どんな素材とも相性がよく、一度使うと他のバルサミコでは物足りなくなるかもしれません。お肉やお魚料理の仕上げに、サラダのドレッシングに、アイスクリームやチョコレートにかけると一気にグレードアップの一皿が出来上がります。
※3月上旬入荷予定
<フランス研修レポート②>
フランス研修レポート②

フランス研修レポート②

アヌシーのフロマジュリー、二カ所目は「アラン・ミシェル」。
アヌシーとクルーザに五店舗を構えるやり手の経営者、そして熟成士でもあるアランに連れられて、近くの熟成庫に。
そこは自然のトンネルを生かした細長い通路のような熟成庫で、天井には蜘蛛の巣がはり、ちょっぴりおどろおどろしい雰囲気。
アラン曰く「蜘蛛はハエの天敵なので、取り除いたりはしない」とのこと。(ほんとかなぁと思っていたのですが、その後に訪れる熟成庫でも同じ事を言われました。)
そして、黄色や白のカビがびっしりとついた小型のトムがたくさん!
失敗作!?と思いきや、このようなカビがしっかりとついてこそ美味しいトムとのこと。
これには、参加者みんなが目を白黒。チーズって本当に自然の産物なんだな・・・としみじみ感じました。
フランス研修レポート②に続く。
(アラン・ミシェルのお店で売られていた、ゴルゴンゾーラのスプーン量り売りがクリーミーでと~っても美味しそうでした♪)
<フランス研修レポート①>
フランス研修レポート①

フランス研修レポート①

フランス研修レポート①
6月下旬、フランスのローヌアルプ、サヴォワ地方にチーズ研修に行ってきました!

最初に向かったのは、美しい湖で有名なアヌシーにある、M.O.F.チーズ熟成士、ピエール・ゲイのフロマジュリー。
センス良く陳列された店内とガラス張りの床から見える熟成庫が印象的でした。

お店のスペシャリテはフロマージュブランのようなフレッシュチーズ「フォンテーヌ・ブロー」。
爽やかで濃厚な味わいがベリーソースにピッタリ。
杏仁豆腐のような食感の「フェッセル」は茹でたジャガイモに絡めてサラダのようにして食べるとのこと。
淡泊でつるんとした食感がやみつきになりそうでした。

店内はチーズだけでなくバターや卵、サラミなどもあり、これがフランスのフロマジュリーだなぁと、この後の訪問先に期待が高まります。

フランス研修レポート②に続く…。
<送料変更のお知らせ>
2017年10月1日よりご配送のお荷物の送料を変更させていただきます。
あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。
<パート・アルバイト募集>
土日、祝日に出勤出来る、明るくチーズ好きな方を募集しています。
食に興味がある方、空いた時間を有効活用してみませんか?

●勤務地:チーズショップ欧グルマン三越店
     フロマジュリー欧グルマン薬院店

●時間:9:30~20:30の間シフト制(週3日~OK!)

●業務内容:チーズ、グルメ食品の販売、チーズカット作業

●年齢:20歳~50歳位 男女不問

●待遇:交通費支給(上限8000円/月)
   2ヶ月間研修期間あり。
(その他、詳細はお電話にてお問合せください)

※経験者、フリーター歓迎。勤務時間、出勤日は相談に応じます。

●ご応募・お問合せ先:092-621-0511(本社 担当:斎藤)

※電話後、履歴書をご郵送ください。
<毎週水曜日はダブルスタンプデー!>
ポイントをためるチャンスです!是非ご利用下さい。
※ポイントカードは薬院店のみの適用となります。あらかじめご了承ください。